遠隔作業支援システム >  > 現場のリモートは実現可能?生産性向上に必要なツールとは

メディア

現場のリモートは実現可能?生産性向上に必要なツールとは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
現場のリモートは実現可能?生産性向上に必要なツールとは
そもそも作業現場にリモートなんて合わない
現場のどこに導入すればいいのかもわからない…

新型コロナウイルスの感染拡大や、働き方改革が叫ばれる現在、遠隔地でも自由に働けるリモートワークが推奨されています。しかし現場での作業、管理が当たり前の建築業界等では導入が進んでいないのが現状です。 この記事では作業現場でのリモートワークが可能なのか、その手段についてご紹介します。

関連記事
>遠隔作業支援システムとは?導入のメリットや製品による違いを解説!

現場のリモートワークは無理?監督と作業者の苦悩

建設業等の作業現場において業務上、コミュニケーションが発生する場は様々です。また、現場と社内(事務所内)間のコミュニケーションにおいては、リアルタイム性と素早い情報共有ができるかが求められます。

リモートワーク実現の可能性のある現場

「リモートワーク」「働き方改革」という言葉は先行するものの、建設現場等にはまだまだ浸透していない状態です。 そもそも現場のリモートワークが可能になる業種は何があるのでしょうか。
  • 建設業界
  • 流通業界
  • 製造業界
上記の業界では現場でのリモートワークが、少しずつ実現できる可能性があります。 これらの現場でリモートワークを進めていくことで、そもそも何が良くなっていくのでしょうか。

現場×リモートのメリット

  • 図面とのズレなどの問題が起きたときの対応スピード
  • 熟練者の技術を遠隔で再現・共有可能
  • ミス等で緊急対応が必要な時、現場を見ながら指示出しが可能
作業者と支持者のコミュニケーションが大切な現場で、リモートを行うメリットは上記のようなものがあります。 細かい指示や、現場の状況を確認する必要な場合も多々あるので、リアルタイムで画像や音声を確認できる状態にしておくことが重要です。

現場×リモートのデメリット

しかしながら、現場でのリモートもメリットばかりではありません。作業者の負担等、最低限配慮すべきこともあります。
  • 監督だけがリモートワークが可能になる
  • 常に監視されている作業者の気持ち
  • 対面でのコミュニケーションが希薄になる

監督・指示者におけるメリットは多々あるものの、やはり作業者に負担をかけてしまうことも事実です。 円滑に現場でのリモートを進めていくためには、こういった点に配慮しながら導入していきましょう。

現場のリモートは作業者にもメリットがある?

そんな中で、作業者にも大きなメリットとなるのが、熟練者の技術伝承です。 現場での作業中に、リアルタイムで熟練者からの技術指導を受けることで、作業者の業務効率も大きく向上します。 こういったことを繰り返し行っていくことで、現場のリモート化、そして働き方改革を少しずつ進めていくことが可能です。

現場でのリモートワークに役立つツールとは?

新たな技術やシステムの導入、労務管理やマネジメントの刷新など、先ほどの課題を解決するための余地は多くあります。 その中でも、まずは一番大事な現場をリアルタイムで確認できる「スマートグラスによる遠隔作業支援システム」をご紹介します。

スマートグラスを活用した遠隔作業支援システム

「スマートグラス」とは、ディスプレイをメガネとして装着する、次世代のインタフェースです。音声を伝えたり、画像認識で手や指を使った情報操作が可能なタイプも存在し、今後広い分野に活用される可能性を秘めています。

インフォメーション・ディベロプメントが提供する「IDEye」は、リアルタイムで画像・音声・映像の共有が可能なツールで、現場のリモート促進にも役立つツールです。
下記のようなお悩みをお持ちの方でも、ご利用いただけます。
  • まずは簡単に現場でのリモートを始めていきたい
  • 操作がシンプルでなるべく手間の増えないようにしたい
  • できるだけコストをかけずに導入を検討したい
新たなツール導入となると、手間やコストがかかりますが、「IDEye」は2週間の無料トライアルから始められるので、自分の現場にリモートが合っているのかをまずは確認することが可能です。
>無料トライアルのご相談はこちら

現場×リモートのまとめ

現場のリモートに関して、この記事のまとめは下記のようになります。
  • 「働き方改革」や「リモート」の波はいずれ現場にもくる
  • 現場でのリモートには、リアルタイムでの画像・音声の共有が大切
  • 自身の現場にリモートが合うのかを確かめておくのも大事
今の内に、少ない負担で出来ることを確認しておくことで、突然リモートを始めないといけなくなった…といった状況を避けることにも繋がります。 まずは現状でもやれることから少しずつ対応していくようにしましょう。

>スマートグラスに関するご相談はこちら
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加