1. TOP
  2. IDEye活用シーン(事例)
  3. 自治体

自治体での活用方法

ITを活用して行政サービスを効率化!

社会が成熟するとともに、都市基盤整備や環境対策、防災対策など、自治体が担う行政サービスの重要性がますます高まっています。限られたリソースで対応するためにはITの活用が必須です。

こんなお悩みありませんか?

problemIocn遠隔地からの指示、支援

problemIocn現場の状況共有

problemIocn災害対策

そのお悩みすべて解決します!

市街地から離れた場所での行政サービス支援

特に地方自治体において、限られた人員で全ての地域に行政サービスを提供するために、ベテラン職員による遠隔支援は有効な手段となります。スマートグラスを使用することで現地の映像を把握しながら適切な指示を出すことができます。

写真だけではない現場の状況把握手段

環境保全や廃棄物対策、道路・交通対策、都市景観や施設整備など、これまで写真を中心に状況を把握していたものを映像に置き換えることで、より適切な施策に結びつけることができます。

災害発生時の情報把握

地震や台風などの災害が発生したとき、即時に現場に駆けつけられるとは限りません。そのような状況では、スマートグラスで共有される映像は対策を講じる上での貴重な情報となります。

関連リンク

3週間無料トライアル実施中です

自社の環境で実機を試したいお客様に無償でトライアル機を貸し出しています。
その他、製品に関するお問い合わせやお見積のご相談など、お気軽にお問い合わせください。